ドライブレコーダーが証言者になる|備えておくべき

MENU

車を守る皮膜

機械

車をキレイな状態で保つのであればボディコーティングを行なっておきましょう。道路を走っているとホコリを巻き上げてそれがボディに付着します。それは長期間そのままにしておくと油汚れなどによってこびりついて落としにくくなってしまいます。ボディコーティングを行なっておけば、汚れ自体がつきにくくなり、汚れを落とす場合も水洗いで簡単に落とすことができるようになりメンテナンスも簡単になります。
ボディコーティングは市販で売られているものもあり、自宅で簡単にコーティングすることは可能ですが自分で行なう場合には塗りムラがないように細心の注意が必要です。また、市販のものでは業者の使用するものと比べると皮膜が薄く耐久性が低いため、1度施工をした後でもすぐにコーティングが落ちてしまい施工頻度が多くなってしまいます。板金塗装屋のプロに依頼すると、市販のものよりも効果も耐久性も高いものを使用し、塗りムラが一切出ないようキレイに仕上げてくれます。ボディコーティングにはポリマーやガラスなどの種類があり、値段が大きく違ってくるのでそれぞれの特徴を理解して選びましょう。ポリマーコーティングはガラスコーティングに比べると耐久性は劣りますが、その分施工代を安く済ませることができます。一方、ガラスコーティングは現在のコーティングの種類では最も耐久性の高いコーティングとされているので、それに応じて値段も高くなります。それぞれの特徴を理解してサイフと相談して決めましょう。